高反発マットレス5つの選び方~寝具のプロが教えるここだけの話

高反発マットレスの選び方~目的別に選ぶ5つのポイント

今マットレスの中でも人気と話題性のある高反発マットレスですが、高反発マットレスの中でも悩みや目的によって購入するものが変わってきます。

高反発マットレスならばどれも同じというわけではありません。

今回は目的別に選ぶポイントや、その目的に合った高反発マットレスを紹介していきます。

マットレスが与える影響

マットレスは何でも良いと考えている人や、使い慣れて柔らかいものが良いと考えている人が多いかもしれんが、それは間違った考えです。

マットレスは良質な睡眠だけでなく、体への負担にも関係してきます。

腰や肩が痛いといった悩みや、寝ても疲れが取れないといった悩みはマットレスが関係している可能性があるのです。

これは睡眠中に体への負担が腰や肩など部分的に圧力がかかってしまうからであり、一日の3分の1は睡眠時間という長期間負担がかかっているのですから、痛みを感じて当然なのです。

そしてしっかりと体をマットレスが支えていなければ、寝返りを打つ度にエネルギーを消費して疲れてしまいます。

そのため深い睡眠が取れず、途中で目が覚めたり、翌朝疲れが取れないのです。

こういったことからマットレス選びは非常に重要なことが分かります。

高反発マットレスの選び方

高反発マットレスを試そうという人の大半が腰痛や寝返りの悩み解消、また翌朝のスッキリ感を求めているかと思います。

もちろん購入の際は費用を含めて用途別に選ばなくてはいけません。

それではどういったことに注目して選べばいいのでしょうか。

目的別に選ぶ5つのポイントを紹介します。

腰痛対策への効果

高反発マットレスでもどんな悩みを持っていて、マットレスを使用したいのかということによって選ぶ基準が変わってきます。

腰痛対策として購入する場合は、姿勢を矯正してくれるようなタイプのものが適しています。

理想的な寝姿勢とは、立ったままのような姿勢で、部分的に圧力がかからない姿勢となります。

その姿勢をキープするには、体圧分散性能が高いマットレスが適しているのです。

体圧分散性能が高いマットレスは適度な反発力も必要となります。

体を適度に下から押し返してくれることで、寝返りを打っても軽く寝返りが打てるようになります。

疲労回復して快眠効果

疲労回復といった、寝ても疲れが取れないというような場合には、寝具環境が非常に大切です。

快適な睡眠環境を整えてくれるような性能を持つマットレスが良いでしょう。

快適な睡眠環境とは、「蒸れ」「寒さ」「底付き」を感じない環境です。

これは寝苦しさや不快感を与える原因となるものなのです。

高品質なマットレスであればリバーシブルで、片面は春夏使用の通気性の良いもの、もう片面は側面生地にニットなどを使用した秋冬仕様になっているものなどがあります。

こうした適切な快眠環境元で眠れば、翌朝にはスッキリと目覚めることが出来ます。

自分に合った寝心地

毎日使用するものなので、寝心地や体への相性は非常に大切です。

高反発マットレスといっても中に使用される芯材はいくつかあって、その芯材によって寝心地が変わってきます。

高反発でも柔らかめの寝心地であればウレタンフォームやポケットコイルが良いですし、硬めの寝心地であればエア系と言われる高反発ファイバーやボンネルコイルとなります。

また通気性の良さも寝心地に関係してきます。

基本的に高反発マットレスは通気性の高い商品が多くなっていますが、エア系の商品は特に通気性は抜群です。

耐久性とコストパフォーマンス

マットレスは日々負荷がかかるので、商品によってはすぐにへたれてしまうものもあります。

へたれてしまうとマットレスの形が変わったり、柔らかくなってしまって腰を傷める原因にもなってしまいます。

そのため耐久性は非常に大切なのです。

高反発マットレスの中には圧縮テストによって耐久性が高いと保障されているものもあります。

特に寝具メーカーのもので数万回の圧縮テストにクリアしたものが当たり前になっています。

また6年や8年保証といった商品もあるので、高級なマットレスを購入したとしても長期間使用出来るとなると非常にコストパフォーマンスが良くなります。

もちろん低価格に越したことはありませんが、安価なマットレスで頻繁に購入するよりも非常にお得でしょう。

使用する場所に合った製品

高反発マットレスは、ベッドで使用する場合であれば直接置いても、元々あるベッドマットレスの上に置いてもどちらでも使用出来ます。

そのためマットレスの種類はあまり選びません。

ただし下に敷くマットレスが柔らかすぎると、高反発の機能性が活かせれないので注意が必要です。

一方、床に置いて使用する場合ももちろん直接置いて使用出来るのが高反発マットレスの特徴ですが、毎日乾燥させることが出来ない場合はカビが発生する恐れもあります。

その対策として下に除湿パッドを使用することも出来ますが、極厚のマットレスやエア系のマットレスを選ぶと良いでしょう。

そうすれば湿気対策となるのでカビの心配もありません。

またウレタンフォームやエア系のものであれば三つ折りタイプの製品もあるので、持ち運びにも便利で敷きっ放しにせず移動させられます。

おすすめの高反発マットレス

どういった基準で高反発マットレスを選べば良いのか分かっても、高反発マットレスは非常に種類が多いのでどこで購入すれば良いのか迷ってしまいます。

そこで、おすすめの高反発マットレスメーカーをいくつか紹介したいと思います。

モットン

日本人の体形を徹底的に研究して、日本の風土や気候まで考えて開発された腰痛対策のためのマットレスなので、腰に痛みのある人、朝起きた時に腰が痛くなるといった人にお勧めです。

寝返りや寝姿勢を矯正してくれて、お客様満足度94%という人気商品となります。

マニフレックス

高反発マットレスの中でも有名なメーカーとなり、反発力の高さや硬めの硬さが特徴となります。

姿勢矯正もされることから多くのアスリートも愛用しています。

保証も付いている耐久性の高さから、体の大きな男性にもお勧め出来ます。

雲のやすらぎ

雲の上に寝ているような寝心地を実現した高反発マットレスです。

そのふんわりとしながらも支えてくれるような寝心地は、快適な睡眠環境を求めている人にはピッタリでしょう。

不眠症や、ぐっすりと眠れないという人にお勧めです。

スリープマジック

腰痛対策と寝心地のバランスを程よく保った高反発マットレスとなります。

理想の睡眠をサポートするべく開発されたそうです。

3つ折りタイプもあるため、コンパクトに収納したい人には非常に便利でしょう。

アイリスオーヤマ

価格の安さと、硬すぎない程よさが人気の高反発マットレスです。

機能性もしっかりしているのに低価格なので、初めて高反発マットレスを購入する人でも試しやすくなっています。

3つ折りタイプなので、手入れの楽さも魅力の1つでしょう。

まとめ

寝具メーカー以外からも多数販売されている高反発マットレスですが、自分がどういった商品が欲しいのかまずは考えてみてください。

自分の悩みに合ったものや利用シーンをしっかり思い浮かべていれば、自然と選択肢が絞られてくるはずです。

上記の目的別に選ぶ5つのポイントを参考に、素材や機能性などをしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

そうすれば自分に合った最高の高反発マットレスに出会えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です